line-s
12.30


サロンから歩いてすぐのところにある「築地八竹」さんに茶巾寿司を買いに。

築地界隈にはお寿司屋さんが数多くありますが、大阪寿司のお店は多分ここだけだと思います。

お店の外観は和菓子屋さんのようですが、引き戸を開け中にはいると、ショーケースにお寿司の見本がきれいに並んでいます。

持ち帰り専門で、注文してから包んでくれるので少し待たされますが、お茶をだしてくれるのでそれも気になりません。

奥の椅子に腰掛けて、お茶を飲んでほっと一息ついた頃に声をかけてくれてお会計。

なんとも素晴らしいタイミング。


2015123023111596a.jpeg

酸味の効いた酢蓮や香ばしい穴子の入ったすし飯が、ほんのり甘い薄焼き卵で包まれています。

何度いただいても飽きない美味しさです。

こちらのお店、以前は明治神宮前にあり、学生の頃キャンパスが近くだったので、母に頼まれてよく買いに行っていました。

卒業後はあまり行く機会がなかったのですが、数年前に築地に引っ越してこられて、最近度々お伺いしています。


line-s
12.25
みつろうリップクリーム

空気が乾燥して、お肌のかさつきが気になる時季となりました。

これがないと冬が越せません!というくらいに私にとっては必須アイテムのみつろうリップクリームの作り方をご紹介します。クリスマスバージョンで撮影してみました。

用意するもの

みつろう(無漂白) 10g
ホホバ        15㏄
キャロットオイル    5㏄
オレンジ精油     3滴 

みつろうリップ‐2

作り方
1.ビーカーに精油以外の材料をすべていれ、湯せんにかけます。
湯を沸騰させないように火加減に気をつけてください。
ビーズワックスが完全に溶けるまで待ちます。
爪楊枝などで途中かきまぜると、早く溶けます。
やけどに注意!こぼさないように注意!

2.完全に溶けたら、湯から出し、熱くないことを確認してから精油を入れ、かき混ぜます。

3.あらかじめアルコール消毒し、乾燥させたリップバームチューブ(容器)は、台座が下まで下がっていることを確認しふたを開け、並べておきます。
通常サイズ5ml入り6本分です。

4.2の液体が固化する前に手早く、3で並べた容器に均等に注ぎます。
固化すると容積が減りくぼみができるので、9割くらい注いで固まってから、更にぎりぎりまで注ぐときれいに仕上がります。
作業途中で固まってきたら、ビーカーを湯せんで温め直しても良いですが、温めすぎると精油が揮発してしまうのでとにかく手早く行います。

5.ビーカーにこびりついた分はキッチンペーパーなどでキレイにふき取り、靴磨きや家具磨き用ワックスとして利用できます。

キャロットオイルはにんじんを植物油に漬込んだものです。
ビタミンA・Eが豊富で、粘膜保護と修復作用があるので、スキンケアにおすすめのオイルです。

精油はオレンジの他、ゼラニウム、ローズ等お好みのものでも。
ひび割れの時にはカモミールやラベンダーがおすすめです。
3滴だとかすかに香る程度です。

唇だけでなく、かさかさしたところにはどこでも、手や爪などのお手入れにも便利に使えます。  

line-s
12.05


先日、埼玉県桶川市主催のメンタルヘルス講演会で「リラクゼーション」の一環として、簡単にできるマッサージのやり方を紹介させていただきました。

自分自身のため、または家族の方にもやってあげられるように、顔と頭皮のセルフマッサージと、2人1組になって、オイルを使ったハンドマッサージの実技を行いました。

手順はこんな感じです。

向かい合わせに座り、受け手の左手から始めます。
オイルはホホバオイルや食用のココナッツオイルを使います。

1. オイルを手にとりなじませます。

2. 伸筋 手首~ひじ
右手の平全体で、伸筋(表側)を手首からひじに向かって、ゆっくりとすべらせます。

3. 屈筋 手首~ひじ 
同じように、屈筋(裏側)を手首からひじに向かって、ゆっくりとすべらせます。

4. 手の甲 
受け手の甲を、親指とその他の指ではさむように持ち、甲の内側から外側に向かって、親指の付け根で、割るように広げます。

5. 指
受け手の指の付け根側部を、親指と人差し指ではさみ圧をかけながら、指先まで移動。
同じように、指の付け根前後をはさみ、圧をかけながら指先まで移動。
指全体を握り、軽くひっぱります。すべての指に同じように行います。

6. 手の平
受け手の手の平の手首付け根の真ん中から、両親指で親指と小指の付け根に向かって「人」の字を描くように広げます。

手の力を抜き、施術部位の形に沿わせるように手を滑らせると、包み込まれるような密着感が生まれ、気持ちいいオイルマッサージができます。一応手順はありますが、あまりこだわらず、動物的勘を頼りに本能的に優しく撫でるだけでも、けっこう気持ちいいものです。

ハンドマッサージは、誰にでも簡単にできて、リラックス効果が得やすいので、家族にやってあげるマッサージとしてオススメです。自然に呼吸が深くなったり、お腹がグルグル鳴ったりするのは、リラックスしている印です。そして次第に手足やお腹が温かくなり、眠くなってきます。

参加者の方々は、とても熱心に聴いてくださり、慣れてくるにつれて、手の力も抜け、気持ち良さそうなマッサージをしている様子でした。

オイルマッサージの楽しさと効果をお伝えすることができたようで、私にとっても充実したひとときとなりました。

line-s
11.25
アロマフットバス

11月も下旬を迎え、寒さが厳しくなってまいりました。
冷えが気になる方も多いのではないでしょうか。

サロンのお客様のフットバス用にアロマバスパウダーは年中作っているのですが、寒くなってきたので、今回はポカポカに温まるエッセンシャルオイルを使ってみました。

基本の作り方は、ジップロックの袋に、クエン酸50gと重曹130gを入れて好みのエッセンシャルオイル36滴を追加、よーく混ぜます。好みでドライハーブや花びらを入れます。

今回のブレンドはジンジャー6滴 ジュニパー10滴 オレンジ20滴です。
仕上げにピンクのドライローズのつぼみを入れました。
オレンジにスパイシーな香りがプラスされ、元気がでそうなブレンドに仕上がりました。

アロマフットバス-2

フットバスには15g(精油含有量3滴分)をいれます。
お湯にいれるとシュワーっと泡立ちます。一瞬で消えますが・・・

重曹には、温熱効果や美肌効果があるといわれ、クエン酸を混ぜることで炭酸ガスが発生します。
重曹+クエン酸だけでも炭酸泉のような温熱効果があるらしいですが、更に温まる系のエッセンシャルオイルを入れるとぽっかぽかです。

作ったばかりはサラサラですが、ジップロックの袋に入れていても、空気中の湿気を吸うと数日で固まるので、
適当な大きさに塊を崩しておくと使いやすいです。

お風呂にも毎日入浴剤として使っていますが、お湯が柔らかくなり、肌がツルツルになります。
そしてこの時季、ありがたいのは、湯冷めしにくいことです。
長風呂が苦手なので、これがないと湯冷めしちゃいます。

お風呂に入れる時には、バスタブの掃除がめんどうなので、ドライハーブはなしにしてます。
使用量は15~30g(精油含有量3滴~6滴分)です。手のひら1-2杯程度です。
敏感肌の人は手のひら半分程度から試してみてください。

精油を直接お湯に垂らしてアロマバスにすると、精油が直接肌に着いて、ピリピリすることがあります。特にかんきつ系やスパイス系は皮膚刺激性が強いので、要注意です。

このアロマバスパウダーならそういうこともないので、敏感肌の私でも大丈夫です。
重曹とクエン酸はお掃除用ではなく、食用グレードのもの、精油は新鮮なオーガニックのものを使います。

ぽっかぽかになるアロマバスパウダー、簡単なのでお試しください。

line-s
10.31
嵐山

先週末に、お休みをいただき京都へ行ってまいりました。

今回は、京都の町なかからは、ちょっと離れた嵐山へ。
紅葉が見れるといいなぁと、少しだけ期待をして行ったのだけれど、やっぱりまだでした・・・
あと2週間もすると、真っ盛りかも・・・

わずかに赤くなった木をみつけて、嬉しくなってパチリとしたのが上の写真です。

世界遺産登録されているという天龍寺を訪れ、雲龍図を観ました。
天井一面に描かれた龍は「八方睨みの龍」といい、どこから見ても目がついてくる。予想以上の大迫力に圧倒されました。

この時季の京都は始めてでしたが、いつ行っても楽しめます。
日常を忘れて、すっかりリフレッシュした充実の2日間でした。











line
プロフィール

アロマTAO

Author:アロマTAO
IFA認定アロマセラピスト・補完医療セラピスト
30代半ばで会社員をやめ、アロマセラピー・リフレクソロジー・リンパドレナージュ等の補完医療(代替療法)を学ぶために英国へ。資格取得後帰国し、小さなリラクゼーションサロン・ショップ・講師活動に携わり、早くも10年。健康・アロマ・癒し関連のちょっとしたお役立ち情報を発信したいと思っています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
back-to-top